14日間の自主隔離に対応した
1か月間の法定講習

2020年7月29日からの「外国人レジデンストラック対応入国後講習」の運用開始に伴い、SAKURA東海国際学園では技能実習生のレジデンストラック(14日間の隔離)に対応した入国後講習の受託をしております。


3つのサポート

  1. 14日間の食料を中心とした必要物品の買い出しサポート
    14日間自主待機中の生活は大変なものです。食料はもちろんその他生活物資も必要になってきます。当施設では、それぞれからヒアリングの上、定期的に近くのスーパーに買い出しの代行にいっています。
  2. 毎朝・毎夕の検温+体調チェック
    毎朝、毎夕に検温と体調チェックを行います。各部屋に洗濯機が完備してあるので、こまめにシーツや衣類を洗い、清潔さを保ちながら、安心して14日間の隔離講習を行うことができます。
  3. Zoomを利用した遠隔・オンライン講習
    オンラインによる講習は専用回線を準備し「10インチのタブレットを各々に貸出す」などストレスフリーな環境を整備しています。
    講習のクラスも”受講者の日本語レベルや人数に合わせて、最大4クラスに分ける”ので、参加型のオンライン講習を実現させています。



レジデンストラック対応の入国後講習はをお探しなら、実績のある当学園にお任せください!






お問い合わせフォーム