12、13期生

2018年2月5日 9:02 am Leave your thoughts

2月1日夕方、SAKURAにとって初めてとなるフィリピン人実習生9名が到着しました。

暗くなり、小雨が降り始める中、寮へ備品と布団を運び込み、

エアコン、給湯器など簡単な部屋設備の使い方を説明した後、

晩ご飯のお弁当を渡して初日は終了。

 

翌日朝9時からオリエンテーションを行いました。

まずは自己紹介。

 

 

初日なのでまだ緊張した表情ですね。

室内では上着を脱ぐよう指示すると、中は半袖という子もいました。

 

一通り自己紹介が終わったあとは、オリエンテーション。

日課表をもとに1日のスケジュール、学園生活、寮生活のルールを

通訳を介して説明します。

 

 

規則正しい生活を送ること、近隣トラブルにならないよう注意すること、

そして仕事に必要となる日本語を身につけることを話しました。

 

 

午後は転入手続きのために市役所へ。

学園で記入した転入届を提出します。

 

 

手続きが終わるのを待つ時間を利用して、スーパーへ買い物に。

 

 

スーパーと100円ショップが併設されていて便利です。

 

 

 

まずはスーパーで、お米、卵、調味料、肉、野菜などを買いました。

 

それから100円ショップで、日用品を買いました。

 

 

偶然、フィリピン語の翻訳をしてもらっているメリーン先生にも会って

いろいろ説明してもらえました。

 

前日にもらった講習手当から自分たちで支払います。

 

 

そして転入手続きも終わり、いよいよ日本での生活が始まります。

一日も早く日本の生活に慣れて、技能実習が始まるまでの1か月で、

多くのことを学んでほしいと思います。

 

 

 

 

 

Categorised in:

This post was written by sakura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です