自分が住んでいるところについて話す

2018年6月6日 5:15 pm Leave your thoughts

今日の午後は、「自分が住んでいるところについて話す」ことを勉強しました。

 

山、川、林、田んぼ、畑といった自然に関する言葉や

店、駅、病院、コンビニ、といった建物に関する言葉を勉強したあとで、

それぞれ自分が住んでいた家の周りの様子について、地図を書いて

発表してもらいました。

 

  

 

習った言葉だけでなく、辞書を使って調べた言葉も使って説明してくれて、

それぞれの家の周りの様子がよくわかりました。

同じベトナムから来ているとはいえ、近くにカラオケのある子、

田んぼや畑がたくさんあるという子、

海が近くにあるという子とそれぞれでした。

 

田んぼについて、日本は今、田植えが終わったばかりですが、

ベトナムは収穫の時期、そしてもう一度植えて9月ごろ収穫し、

そのあとは畑としてニンニクや玉ねぎを育てると聞いて驚きました。

 

ちょっと眠くなりそうな午後は、こうして手を動かしたり、

前に立って発表することで授業が活気づきます。

 

いよいよ梅雨入りしましたが、教室内は湿っぽくならず、明るい授業を行っていきたいです。

 

 

Categorised in:

This post was written by sakura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です