法的保護講習と20期生入国

2018年7月27日 5:48 pm Leave your thoughts

7月25日午後、中国から4名の実習生が新たに入国しました。

みんな体がしっかりしていて頼もしいです。

相変わらず暑い日で、到着早々「私たちはのどがかわきました」

と訴えるほどでしたが、休憩後、きびきびと荷物や布団の運び入れをこなし、

市役所での転入手続き、買い物を終えました。

 

前日の24日には、学園近くの地域交流センターで、法的保護講習を行いました。

午前中は、入管法と技能実習制度について、司法書士の先生に教えていただきました。

 

 

 

午後は、労働法について、社労士の先生に教えていただきました。

 

 

 

現在、中国人とベトナム人の2か国の実習生が在籍しているため、

中国語とベトナム語の通訳を交えての講習だったので、日本語と合わせて3か国語が飛び交い、

やや頭が混乱していた実習生もいたようです。

普段日本語の授業を行っている身としても、理解できない言語で授業を受けることの難しさを

改めて実感する機会となりました。

 

それでも毎日日本語だけで授業を受けることによって、1か月という短い期間ながらも、

それぞれの実習生が、それぞれのペースではありますが、確実に日本語を理解する能力が

高くなっているのを感じています。

 

週末、台風が近づいていることを知って「大きいですか」と、

台風の経験がない実習生は不安そう。

あまり大きい被害が出ないことを祈ります。

 

 

 

 

 

Categorised in:

This post was written by sakura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です