39~42期生入国と法的保護講習

2019年3月5日 6:46 pm Leave your thoughts

先週から今日にかけて、39期生、40期生、41期生、42期生が順に入国しました。

39期生は学園としては初めての受け入れ国、ミャンマーからの3名です。

あいにく雨の日の入国となりましたが、組合の方の話をよく聞き、

日本語の勉強も、実習も頑張ろうという姿勢がよく見られました。

 

次はベトナムから40,41期生8名が入国しました。

 

実習先は違いますが、同じ機関で勉強してきた8名なので、なかなかまとまりはいいです。

先に講習を受けている37期生も同じ機関で勉強した知り合いで、

授業が休みの土曜日だったことから

一緒に買い物に行って、説明もしてくれました。

 

昨日は34期生から41期生まで合同で法的保護講習を行いました。

午前は入国管理と技能実習制度についてです。

 

タイ語、ミャンマー語、ベトナム語と日本語の4か国語が飛び交う中、

実習生は手元の資料を見ながら真剣に話を聞いていました。

 

午後は労働法と安全衛生についてです。

 

午前は使えなかった少し広い会場で行ったので、各母国語の通訳さんの声も

聞きやすかったことと思います。

 

そして今日は、42期生5名が入国しました。

疲れも全く見せずに指示されたことをきちんと行い、礼儀正しく

日本語でいろいろ質問もでき、これからの1か月がとても楽しみです。

 

Categorised in:

This post was written by sakura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です