34期生出発と43、44、45期生入国

2019年3月15日 5:18 pm Leave your thoughts

本日、34期生3名が実習企業先へと出発しました。

 

今まで学園で受け入れた実習生の中で、国での日本語学習期間が1か月と一番短い実習生で

教える側として最初は戸惑いましたが、熱心に授業を聞き、宿題にまじめに取り組み、

掃除など体を動かすときは率先して動いてくれ、1か月で見違えるように頼もしくなりました。

出発の今日も、昨日伝えた時間にきちんと備品、布団を学園に持ってきて部屋で待機。

企業の方が迎えに来る前に部屋に行くと、荷物もまとめて掲示物もとり、

部屋は来た時と同じ状態になっていました。

最後はまだ残っている実習生と記念写真を撮って、別れを惜しんでいました。

態度についてはどの先生の評価も高く、きっと会社でしっかり働いてくれることと思います。

 

月曜にはフィリピンから43期生2名が到着しました。

 

 

午後8時半に学園に到着、布団、荷物、備品を運び終えたのが9時ごろでしたが、

翌朝9時までに来るようにという指示に対して8時半にはもう学園に来て

疲れた様子も見せずに市役所手続きなどを済ませました。

 

そして今日は、ベトナムから44期生、45期生が到着しました。

 

 

 

疲れと緊張からか、少し元気がありませんでしたが、礼儀正しい態度がよく身についています。

明日は土曜日ですが、学園のルールや寮のルールを学ぶオリエンテーションを行います。

1か月間、ルールを守って頑張ってほしいと思います。

 

Categorised in:

This post was written by sakura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です