38、39、40、41期生出発と講習の様子

2019年4月1日 1:06 pm Leave your thoughts

3月27日に、介護の実習生の38期生7名が実習実施先へと出発しました。

 

 

 

国でしっかり日本語を勉強してきていたので、この1か月は主に実際の会話練習、

介護の専門知識を勉強しました。みんな授業態度も熱心で、これから実習先でも

頑張ってくれることと思っています。

 

38期生が出発した後のラジオ体操の様子です。

 

 

みんなそろって上手にできています。

 

29日には、39期生、40期生、41期生が出発しました。

まずは40期生、41期生8名が、会社は違いますが、寮が同じなので一緒に出発しました。

 

 

学園での講習中は、注意を受けることの方が多かった8名ですが、

出発前には仕事を一生懸命頑張るという姿勢を見せてくれたので、今後に期待します。

 

39期生の出発は授業の休み時間中だったので、残っている実習生も見送りに。

 

 

 

ミャンマー、ベトナム、フィリピンと国が違う中での共通語はもちろん日本語。

積極的に会話をして、仲良くなった様子。

一緒に勉強した縁で、お互い励ましあえることでしょう。

いつも頑張っていたので、頑張ってではなく、無理しないでね、と

送り出しました。

3年間けがや病気をせずに仕事ができるよう祈っています。

 

 

 

 

 

Categorised in:

This post was written by sakura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です