法的保護講習と52~55期生到着

2019年6月6日 6:03 pm Leave your thoughts

先週は、ベトナム人実習生に対して法的保護講習を行いました。

午前と午後で、日本の出入国管理、技能実習制度の概要、労働関係法令について

それぞれ専門の先生に来ていただき、通訳を交えて教えていただきました。

 

 

 

先生からの質問に答えたり、実習生の方から先生に質問したり、

みんなメモをとりながら熱心に話を聞いていました。

 

翌日にはミャンマーから8名、中国から4名の実習生が新たに到着しました。

 

 

 

 

ミャンマーからの実習生のうち、女子は介護の実習生です。

到着したときはスーツにそろいのブローチをつけてびしっと決めていましたが、

買い物に行くときは、とたんにパジャマにも見えるようなラフな格好に着替え、

そのギャップに少し驚かされました。

国でしっかり勉強してきたようで、到着したばかりとは思えないほど

積極的に日本語で話してくれました。

 

中国からの実習生は、国での日本語学習期間が短く、他の実習生の陰に隠れているような

ところもありますが、授業に取り組む姿勢はとても真面目で、1か月後が楽しみです。

 

Categorised in:

This post was written by sakura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です